なぜ人はプライベートな事に干渉するのか

こんにちは。
時には空気は読んでほしい。
只野です。

私自身が友人でも知り合いでもプライベートに干渉したがらないので思うわけですが
なぜプライベートに立ち入りたがる人がいるのか!
疑問に思うわけです。そこまで気になるものなんですかね?凄い勢いでプライベートを聞きたがる方がいますがそれ何が楽しいのでしょうか?
価値観の違いなのでしょうが私は趣味の話や面白い出来事の話などをしているほうのが楽しいタイプです。
プライベートな話は予期せぬトラブルを発生させる可能性があるので極力しないのがよいかと考える私です。
聞いてきた方が他に話して発生するトラブルになるわけですけどね。発生した後に火消しをするのは聞かれた側と意味が分からない状態になります。
プライベートを聞くのはまだよい。それを元に会話のネタにして他に話してしまうのはよくないかと思うのですよ。話してしまった自分自身も悪いわけですが
世の中芸能ニュースなど自分に一切関係ない事をネタに楽しんだりしますしね。それの延長なのかもしれないですけれど
その心理が気になりますね。
ですので調べてみました。

干渉したがる心理

見下したい

相手のため

嫉妬

必要とされたい

本当かどうなのかはわかりませんがどれもよい理由ではないですね。
そもそも干渉そのものの意味が良くないですからね。

干渉とは

立ちいって他人の物事に関係すること。他人のことに立ちいり、しいて自分の意思に従わせようと指図・妨害すること。

簡単に言うとただの”わがまま“ですね。自分の欲求をただ見たしたいがために人に干渉するといった感じですね。利用される側はいい迷惑ですね。

調べてみると人に干渉してくる人はダメだと言う印象を受けますが、人によってはコミュニケーションの一つでしょう。
人それぞれですからね。全てを否定せずに相手側に立って考えることも必要でしょう。
今後付き合う気がない方なら話したくないですの一言ですね。今後も付き合っていく方ならばどう付き合っていくのか考えないとダメです。今の世の中人とかかわらないと生きていけない世の中ですしね。

干渉する人との付き合い方を考える

干渉したがる方との会話術としては本当に言いたくないことは言わずにどうでもよいけどプライベートな事を話したりしたりする方法があります。そうするとしつこい相手でも満足させることができます。しつこい相手というのは聞き出すことが目的になる場合がほとんどです。相手からプライベートな内容聞き出せたなと思えば次はその話の細かいところを聞きたがります。そこから話が派生してもあとは何もないで話を終わらせられます。
簡単に言うとネタを提供してあげるですね。普段からよく聞かれる方はどうでもよい事も会話のネタとしてとっておきネタをストックしておけばよいでしょう。
完全にかかわらないが一番ですがそれは難しいのが世の中です。どうしても干渉されるのが嫌なら無人島で誰もいない場所で生活するのが早そうですね笑

本日はこの辺で

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です