文章は難しい。そう思いませんか!

こんにちは。
そんなつもりではなかった。
只野です。

はい。
相手と何かを伝えたい。でもすぐに会えない。そんな時は最近はLINEアプリのようなリアルタイムアプリがあるので相手と会わなくても連絡のやり取りが容易にできますね。
メールと違い相手が見ているかどうかまでわかるので便利ではあります。

だがしかし!!

この相手と会わないで“文章”だけでやり取りをすると何かしら誤解が生まれる可能性が高まるのがこの手の連絡方法の怖いところです!

人は相手の表情や話し方など色々なところから相手がどう思うかを予測し接することができます。LINEのような文章のみのやり取りとなるとこの判断材料が“文章”のみとなります。正確にはスタンプや顔文字もありますが、そうなるとどうなるか

例えば「今暇?」と相手に送ったとします。
読んだ相手が気心の知れた仲ならば問題ないでしょう。ですがまだ知り合って間もなくの人にこの文章を送ったとすると「暇人に見えるんだ」こう思われる可能性があるわけです。
人は悪い印象を先に思い返してしまう事が多いのが事実です。少し考えてみると単純に時間が空いているかを聞いているだけなのですが文章を読んだ側は「暇」と言うところでマイナスイメージを想像してしまう可能性があるわけです。

送った側は笑顔で優しい感じで送っているかもしれません。ですが“文章”を読むだけの相手に本人の思いは伝わらないわけです。
この立った一つの何気ない“文章”が誤解を生み信用されなくなるというのはなんだか嫌ですね。
ではどうするかを考えなくてはなりません。

使う言葉の意味を文章にする

どういう事かと言いますと上記で例にした「暇」は「時間空いてる」が意味に含まれます。
言葉としては同じことを言っているのですが相手に的確に伝わるのは「時間空いてる」です。
上記で例題にした文章を並べてみます。

「今暇?」
「今時間空いてる?」

どうでしょうか?印象が違うとは思いませんか
「時間空いてる」と文章にした方は自分が聞きたい事を的確に表現しているので相手に誤解を招く要素がありません。
これから連想して「暇人に見えるんだ」思われたらそれは読む側がネガティブ過ぎるのでそもそも気を付けようがないでしょう。
「暇」と言う言葉は色々な意味を持っているのでどう受け取るかは相手次第と言うのはしょうがない事です。
このように些細な事ですが受け取る側の印象は変わるわけです。

はい。
このような当たり前の事をなぜ記事にしてみたかと言いますと最近私が「ちくしょ!」と言う文章を送った事がありました。
受け取った相手側に「なんでくしゃみ?」と言われたわけです。
単純に「悔しい!」こう送るべきだったのでしょう。
文章の受け取り方は十人十色だと再認識した瞬間でした。

本日はこの辺で

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です