PS4Proをクローン方式でSSD化する時の注意点

こんにちは。
簡単にはいきませんでした。
只野です。

はい。PS4のロードが何かと遅いので、HDDからSSD化しようかなと思った訳です。それで変更方法を調べるわけです。SSDへの変更は沢山の方がやられているの私は詳しくは書きませんが、方法としては下記があります。

  1. PS4をHDDからSSDに変更後、全て再インストールする。
  2. PS4のHDDの中身をSSDにクローンしてSSDへ変更する。

上記2点が変更方法の方式です。何が違うかと言いますと、方法2ならHDDに保存されている内容そのままSSDに変わるだけとなります。ですのでSSD変更後はそのまま遊ぶことができます。

ただ確実にPS4を動作させるのは方式1だと思います。全て再インストールすればほぼほぼ問題なく動くのは間違いありません。
※どちらの方式もPS4の他にPCがないとできません。

でも私はめんどくさがりです。再インストールとかめんどくせ。と思い方式2でHDDの中身を全てSSDにクローンする方式を取りました。

クローンは単純コピーとは違うので専用のツールを使います。クローンソフトは、フリーソフトで「EaseUS Todo Backup Free」が有名どころですので、私もこれを利用していざPS4のHDDの内容をSSDにクローンしようとしました。

※今回利用したツールの詳細につきましては、下記リンクより「EaseUS」正式サイトにてご確認ください。
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

ここで問題発生です!

容量違いでクローン出来なかったのです!

私のPS4ProはHDDの容量1Tだったのですが、そんなに使わんだろと思いSSDは容量500GBにしました。

サイズ違いなので当たり前だと思いますが、容量1Tでも実際は200GBほどしか使っていなかったので、500GBでも問題なくいくと思ったのです。前にPCをSSD化した時も同様の事をやっています。ですがPS4のデータは空き容量もクローンソフトから見れば利用されると認識されるようなのです。これでトータルで1T空き容量がないとクローンできないよの状態でした。

ここは予想外でした。こればかりはどうしよもなさそうなので、方式1でPS4を全て再インストールすることとなりました。ちくしょう。

PS4をクローン方式でSSD化する場合は、現在のHDDと同じ容量または上の容量を買うようにした方が良いです。

本日はこの辺で

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です