【Xserver】独自でサイトを作成してGoogleサーチコンソール設置したら「このサイトにアクセスできません」となった件

こんにちは。
これは罠だ。
只野です。

 ある日XserverのサブドメインにCakephpを利用して自分でサイトを構築していた時の話です。サイトの構築も完了してXserverに資産を反映して動作確認をしていました。「よしよし。問題なく動く」とサイトに問題がないことが確認できたので、次にサイト管理に便利なGoogleアナリティクス、Googleサーチコンソールの設定をしました。

 Googleアナリティクスの設定はサーバー側の設定はいらないので問題なく完了しましたが、Googleサーチコンソールの設定では所有者の確認ということで、サーバーのDNSレコードを追加しないとなりません。

 あまり知識がない人だとここで詰みそうですが、設定追加は複雑ではなく、Xserverの「サーバーパネル」にログインして「DNSレコード設定」でGoogleサーチコンソールで指定された内容を追加するだけです。このあたりは調べれば沢山出てくるので私は詳しくは記載しません。

 問題はここからだった。

 設定した日はサーチコンソールの所有者確認も無事に終わり、設定したサイトも問題なく表示されていたのですが、次の日にサイトが「このサイトにアクセスできません」というメッセージの表示と共に表示されなくなりました。

 なんでだよ〜。メッセージを読んでいると「DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN」というエラーメッセージが表示されていました。「DNS…DNSか。そういえばサーチコンソールの設定でDNSいじったな」と怪しい場所はほぼ特定できたので、そのあたりを調べていると、どうやらサーチコンソールの設定でDNSレコードを独自で追加した場合、設定したサブドメイン単体のIPアドレス情報を設定しなくてはならないようなのです。

 Xserverの初期設定だとサブドメインは「*.tadablo.com」のようにサブドメインのIPアドレス情報がまとめて設定されているのですが、サーチコンソールを設定すると、この情報が無視されるみたいです。なので下記画像のようにDNSレコードを追加して、サブドメイン単体のIPアドレス情報を設定します。

 画像のようにサブドメイン単体で種類「A」で内容に元からあるドメインの種類「A」に設定されているIPアドレス情報を入力したDNSレコードを追加します。この設定をした後数分でサイトが表示されるようになりました。めでたしめでたし。

 私もインフラ系はあまり詳しくないので裏で何が起きたかはわかりませんが、Googleサーチコンソールを独自で設定した場合は気をつけたほうがよいでしょう。

 ちなみに作成したサイトは「パターン表の作成ツール」です。プログラムのテストをする際に要素 * 要素のパターンテストをよくするのですが、ツールにしたら便利かもと思い作成しました。良ければ利用してみてください。

 本日はこのへんで

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。